当院では、皮膚科診療にも力を入れています。
獣医療も日進月歩で、皮膚科領域でも新しい薬が開発され、画期的な治療法が登場しています。

とくに我々獣医師と飼い主様を悩ませる皮膚病が、アトピー性皮膚炎です。
今回は、犬のアトピー性皮膚炎の新しい治療法のご紹介をさせて頂きます。

まず、簡単にアトピー性皮膚炎の診断と治療について説明を致します。
学術的になると分かりづらくなりますので、ザックリとお話します。

まず、アレルギー性皮膚炎は、食物アレルギーとアトピーに分類されます。
アトピーとは、食べ物以外が原因となるアレルギーを意味します。
したがって、ハウスダスト、樹木や草花の花粉などが原因となる皮膚炎はアトピーです。

アトピー性皮膚炎の治療には、軸となる治療が2つに分類されます。
免疫抑制と免疫寛容です。
まず、免疫抑制ですが、どういうことかと言うと、
まずアトピーはそのアレルゲンに対して免疫が過剰になっている病態です。
例えば、ハウスダストがアレルゲンの場合、体の免疫細胞は過剰にハウスダストを攻撃しています。
その過剰に攻撃している免疫を「まぁまぁ、もうそんなに攻撃しなくてもいいんじゃない?」と抑えてくれるのが「免疫抑制剤」です。代表的な物に、ステロイド剤があります。良くかゆみ止めとして処方されているステロイドには免疫を抑制する意味があったんです。

したがって、今までのアトピー性皮膚炎の軸は、ステロイドをメインにした免疫抑制療法とその他の治療(抗菌剤、シャンプー、サプリメント)の組み合わせで構成されていました。

舌下2

まったく新しい治療法の考えが「免疫寛容(かんよう)」です。
これは、アレルギーの原因となる物質「抗原」を毎日、少しずつ体に与えて、慣れさせる治療法です。
つまり、毎日標的にしてアレルゲンを攻撃していた免疫細胞に、「もうええわ、オマエのこと飽きたわ…もう攻撃やめとくわ。」と言わせる治療法です。

免疫抑制
  • ステロイド剤(プレドニゾロン)
  • シクロスポリン(アトピカ™など)
免疫寛容
  • 従来の減感作療法(皮下注射)
  • 舌下免疫療法(経口投与)

どちらが優れているという優劣はつけられないのですが、免疫抑制剤での治療で限界の症例、ステロイドを手放せない症例では、免疫寛容の治療、その中でも最新の舌下免疫療法を試しても良いと思います。

今までの減感作療法は、注射しかアレルゲンを体に入れる方法がありませんでした。非常に有効な治療法ですが、どうしても頻回の注射に抵抗がある飼い主様が多く、広く実施されてきませんでした。
舌下免疫療法は、経口投与が可能な新しい減感作療法です。
費用的にも、小型犬と大型犬での差が少なく、シクロスポリンを用いたアトピー治療よりは安価です。
是非お試し下さい。

舌下免疫療法のガイドライン

舌下免疫療法とは?

アレルギーの原因物質(アレルゲン)を少しずつ体内に吸収させることで、
アレルギー反応を弱めて体質をかえていく治療法です。
口腔内の粘膜からアレルゲンを体内に入れます。
注射の必要がないので、皮下免疫療法と比べて痛みがなく通院回数が少ないことがメリットです。

  1. まず、アレルゲン特異的血清IgE検査を実施
    92項目を検査(植物・食物・室内アレルゲン・カビ・昆虫など)
    5cc弱の採血で検査可能
    費用:25,000円+税(SPOT TEST:2016年5月現在)
    10日程度で結果判定
  2. 舌下減感作薬を作成・自宅で投与
    アレルギー検査結果をもとに、米国に減感作薬の作成を依頼(病院が代行)
    約3週間で減感作薬が到着
    スプレー式の減感作薬を1日1回、歯肉と頬の間にスプレーする。
    投与後1~2時間は絶飲食
    舌下3
  3. 効果の判定
    副作用は非常にまれ(米国で3万セットの使用実績)
    治療効果は60~80%
    2~3ヵ月で反応する例が多く、6ヵ月間は期待。
    長期の継続治療が必要

おわりに

犬のアトピー性皮膚炎の治療で、残念ながら特効薬はありません。
様々な薬剤、サプリメント、食事、ノミダニ予防、シャンプー療法、住環境の改善…挙げればきりがありませんが、とにかく多角的にやっていく必要があります。
例えるならば、アトピー治療は「料理」だと思っています。
ズバリ、「料理」に必要なのは「時間とお金と愛情」です。愛情を持って、効率的にお金を使い、じっくり取り組むことが必要ですよね。
アトピー治療は、かかりつけ医と一緒に取り組むことで、年々「レシピ」が完成します。
つまり、「この子はこのお薬をいつ飲んで、この食事を食べて、このシャンプーで…」とこれをやっておけば悪くならない方法が、徐々に完成してきます。
あせらず、ゆっくりと取り組むことが重要ですね。「かゆい→ステロイド」の治療から脱却しましょう!

舌下免疫療法に興味のある方は、遠慮なくお問い合わせ下さい。

診療時間

午前

9:00-12:00

午後

16:00-19:00

土曜
9:00- 15:00
祝祭日
10:00- 12:00
休診日
日曜日

診察の受け付けは診療終了の10分前までとさせていただいております。

診療予約システム

森動物病院

三重県鈴鹿市算所5-12-11
(近鉄平田線・平田町駅 から東方面へ徒歩10分)

TEL:059-378-3952

FAX:059-378-3954

求人情報

求人情報をブログ内で掲載しております。詳細はこちらをご参照ください。

このページの先頭へ